教育用 GPS連動型放射線自動計測システム KURAMA
京都大学開発、放射線自動計測システム「KURAMA」の教育用バージョンです。
● 概要
KURAMA(クラマ)は Kyoto University RAdiation MApping system のことです。
KURAMAには悲しい誕生のいきさつがあります。大地震と大津波によって引き起こされた原子力発電所の大規模放射性物質漏洩事故です。漏れた放射性物質は大気や水の流れなどにより拡散します。このため、とにかく漏れて広域に拡散した放射性物質からの放射線を迅速に広範囲で継続して測定、時々刻々と変わる放射性物質による汚染の状況を把握して対策をとる必要性がKURAMAを生みました。
しかし本来、環境放射線はさまざまな自然情報を私たちにもたらしてくれる貴重なもので、これを精密に計測して分析すると、例えば地下構造、地下資源の存在確認や活断層の位置特定などまでできます。
もちろん、ここまでの精密計測にはそれなりのものが必要になり簡単ではありませんが、その基本型、すなわち放射線計測とその応用について知り、環境放射線について理解するのにKURAMAは最適です。
平川製作所は自然を知るためのKURAMAとして教材化、学校教育現場にお届けします。
● 教育用KURAMAの特長
  ○ バラバラに部材を集め、検出システムを構成できます。
      従来、放射線計測システムは業務・教育用にかかわらず専用設計、セット化されてきましたが、
      教育用KURAMAの場合、市販・汎用部材を集めて構成します。
      専用に必要となるのは線量計と高速信号変換器、計測用アプリケーションプログラムのみです。
      高価な部材をまとめて一式揃えなくてもご予算に応じ、順次揃えて完成させることができます。
  ○ 環境放射線量を測定、地図上に展開表示させることができます。
      一般的なUSBタイプのGPS受信機を併せ、地図上に各地点の放射線量を展開表示できます。
  ○ わかりやすいシステム構成です。
      基本構成が現行の「教科をまたぐ」中学校学習指導要領によく合致しており、特に理科では
      「「エネルギー」「粒子」などの科学の基本的な見方や概念を柱として内容を構成し、科学に
      関する基本的概念の一層の定着を図る、さらに科学技術と人間、エネルギーと環境など、総合
      的な見方を育てる内容になるように内容を構成する。」の根本に合致、多くの詳目学習に活用
      できます。技術については「情報に関する技術」の学習などに活用できます。
      なお本教材の対象は、中学校2年生以上が適当です。
      「必要な程度の」部材を組みあわせることにより「測定システムの程度」を自由に変えること
      ができるため、高等学校や大学でも広く教材としてお使いいただくことができます。
● 教育用KURAMAの構成
  業務用のKURAMA−Tとほぼ同じ構成です。
ハードウェアは、線量計(サーベイメータ)、
高速信号変換器(MAKUNOUCHI)、
汎用パーソナルコンピュータ、GPS受信機
で構成されます。
パーソナルコンピュータに専用の計測用アプリ
ケーションプログラムをインストールして使用
します。
線量計には本格的なシンチレーションサーベイ
メータを用い、精度よく測定できるようになっ
ています。
本セットを屋外で持ち運びながら使用すると、
PC上に放射線レベルマップを作成することが
できます。
  
  ○ サーベイメータ
     NaIシンチレーションサーベイメータ(日立アロカメディカル、TCS−172B)です。
    γ線の測定用です。
    火成岩の微弱な放射能測定などのため、各中学校、高等学校の理科室によく置かれているサーベイ
    メータです。その場合にはそれをそのまま使用することができ、新規ご購入は不要です。
    外見は「ガイガーカウンタ」ですが、中身(計測原理)は全く異なります。
    すなわちガイガーカウンタは主にβ線の測定用で、γ線の測定用にはこのタイプの線量計が一般に
    よく用いられます。
  ○ MAKUNOUCHI (高速信号変換器)
    サーベイメータからの出力信号を変換しパーソナルコンピュータに送ります。専用の高速A/D変換器
     でひとつひとつ当社で製作してお届けします。ハードウェアで当社よりお買い求め頂く必要があるのは
    これだけです。なお、MAKUNOUCHIとはその試作機の外観が弁当=幕の内弁当にそっくりであ
    ったことから、いつしか研究室内でそう呼ばれはじめ、それがそのまま正式名称になりました。
    計測精度に最も大きな影響を及ぼす部分ですから、高い精度(小数点以下第2位=0.01(μSv/h)まで)
    をご希望の場合には、お持ちのサーベイメーターをお預かりし、マッチング調整をさせていただきます。
    ご予算・ご希望に応じてひとつひとつ製作させていただきます。
  ○ PC
    お手持ちの汎用パーソナルコンピュータを用います。
    必要なOSは各社教科書掲載のWindows(Windows7など)です。持ち運びながらの計測
    ですから、バッテリ駆動のノートタイプが便利です。これに専用の計測用アプリケーションプログラム
    をインストールして使用します。
  ○ GPS
    汎用のUSBタイプのGPS受信機を用います。専用の計測用アプリケーションプログラムとの関係で、
    機種を指定させていただくことがあります。
KURAMAは京都大学が特許出願しています。
教育用KURAMAは京都大学が教育の重要性を鑑み、当社に認めているものであり、教育目的
以外への利用はできません。目的外利用、またその恐れがあると判断される場合、当社はその
お問い合わせより一切、おこたえしません。教育の重要性を知る常識のある学校関係者様からの
お問い合わせを心よりお待ちしています。
原子力事故対策用などには、通常の業務用KURAMAをお求め下さい。業務用KURAMAは
京都大学とのライセンス契約が必要です。当社では業務用KURAMA(KURAMA−T)の
ハードウェア製作・納品ができますが、ライセンス契約はお客様でおこなって頂きます。
 KURAMAの詳細につきましては京都大学原子炉実験所のページにどうぞ。
 

© 2013 HIRAKAWA WORK INC. ALL RIGHTS RESERVED.
*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作